歯科技工所検索
歯科技工士専門学校検索
歯科技工料金点数表
歯科技工臨床例
臨床現場で働く歯科技工士の声
掲載誌紹介
WILLE WORKS WEB DIARY
SICAMO
トップページ > サイトの概要と沿革
歯科情報

  運営における理念

歯科技工士という素晴らしい職業の知名度向上と、歯科関係者の方々や歯科技工士になりたい方々の為に制作。そして企業が運営しているサイトとは違った臨床家目線の情報を発信する。

WILLE WORKSの公式サイト >>


  歯科技工士の知名度を上げる為に

残念ながら多くの方に存在さえ知られていない”歯科技工士”という職業。当サイトで具体的にどのようにして歯科技工士の知名度を上げようと考えているのか?
当サイトは歯科ニュースや歯科情報を多数発信しており、歯科技工士の情報を得たいと思っているわけでなく”あくまで歯科情報の記事を読むために検索サイトから訪れる方”も多く観覧していただいております。
そういった歯科技工士を知らなかったような方を、歯科技工士情報が張りめぐらされている当サイトに呼び込むといったアプローチで”歯科技工士”という職業をより多くの方に知っていただけるようにしております。


  歯科技工士の向上心アップの為に

歯科技工士についてインターネットで検索すると、嫌な噂ばかりが紹介してあります。こんな情報ばっか紹介されていると向上心がなかなか持てません。実際に私が学生の頃に検索して、とても嫌でしたし『将来大丈夫だろうか?』と、とても不安になりました。
当サイトでは歯科技工士のイマを訊くというコンテンツを作り、楽しんで仕事をされている先輩方の半生を知る事が出来ます。こんな歯科技工士に自分もなりたいと思わせていただける方たちばかりですので、向上心のアップに繋がるかと考えております
運悪く酷い職場に就職してしまった方に対して今の現状をどうやったら打破できるのか?というのを生意気ですが私からアドバイスをしております。なかなか周りが教えてくれないような方法も紹介しております。なにやったって今を変えられないと諦めてしまっていた方の向上心アップにもきっとつながるでしょう

 サイトの沿革と運営者の経歴

2005.1 国家試験勉強の傍らに歯科技工学サイト『Dental technology』を開設
2005.3 岐阜県立衛生専門学校歯科技工士学科卒業
2005.4 愛知学院大学歯科技工専門学校専修科入学
2005.11 ドイツ歯科技工マイスター大畠先生の歯科情報サイトにリンクしていただく
2005.12 サイト名を『僕らの歯科技工士』に変更し歯科情報サイトに設定を変更
2006.3 愛知学院大学歯科技工専門学校専修科を諸事情により自主退学
2006.7 暗黒のフリーター期を経て名古屋市内にある歯科医院に勤務
2006.8 Yahoo!JAPANのカテゴリ『歯科技工士』に登録される
2007.2 『web秋歯技』様のblogで紹介される
2009.1 『徳島県歯科技工士会』にリンクしていただく
2010.3 名古屋市内の歯科医院を退職し岐阜県内の矯正専門歯科医院に勤務
2010.3 ドイツ歯科技工マイスター大畠先生から情報提供していただけることになる
2010.12 『グロース歯科学情報サイト』と提携
2011.7 『歯科ショップ.COM』様が当サイトのスポンサーに
2011.8  「月刊歯科技工」8月号にて当サイト関連で執筆する
2011.12 『早稲田歯科技工トレーニングセンター』様がスポンサーになる
2011.1  ページ数が運営開始当初の目標である100を突破
2012.2 医科歯科通信様より情報提供していただけるようになる
2012.12 矯正専門歯科医院を退職し岐阜県内の歯科医院に主任として勤務
2012.6 『デンタルシムス』様がスポンサーになる
2012.7 『株式会社デンケン』様がスポンサーになる
2012.8 『dental-style.com』ドメイン取得
2012.12  サイトを完全リニューアル
2013.1 『ZERO 冬号』にて当サイト関連で執筆する
2013.4 『月井税理士事務所』様がスポンサーになる
2014.7 日本顎咬合学会 認定歯科技工士取得
2016.10 黒田塾2016カービングコース終了