歯科ニュースを分かり易く解説!!歯科関連の新聞記事・ニュースを参考にして集めました!!
セミナーマップ          北海道・東北地方          北陸・近畿地方          北陸・近畿地方 中国・四国地方          九州・沖縄地方          中部地方 関東地方        
歯科技工所検索
歯科技工士専門学校検索
技工料金点数表
歯科技工臨床例
現場で働く歯科技工士の声
掲載誌紹介
WILLE WORKS WEB DIARY
SICAMO
トップページ > 歯科ニュース
歯科ニュースDentalNews
既婚女性の身だしなみ?お歯黒文化の真実とは【歯科情報】
 

何故『お歯黒』をしたのか?

現代では『白い歯』というのが美しいとされており、歯科技工士も『美しい歯』になるように歯科技工物を作製していますが、その真逆とも言える『お歯黒』という文化は一体どういったものなんでしょう?または何故そのように黒くしたのでしょうか?
お歯黒の文化というのは意外にも奥が深くて時代によって目的が違っているようです。そもそもお歯黒が出来たのは3世紀(弥生時代)頃と言われており、その理由は分かっていません。しかし当時の古墳にあった人骨にその形跡が残っているようです。
それから平安時代には貴族の成人の儀式(男女問わず)として行われ、平安時代末期には武士にも広がり、戦国時代には成人の儀式として定着していったようです。戦国時代には成人していないが婚約した幼い子どもにまでお歯黒にしたようです。
そして時代が江戸になる頃には何故か既婚女性の身だしなみになり、一種の『化粧』の類になっていったのです。『美しさ』が求められる遊女や芸妓の化粧としても定着していたようなので本当に『お歯黒は美しい』とされていたんでしょうね。

 

お歯黒にする為の方法・歯に与える影響

お歯黒にする液の成分は鉄奨水(かねみず)と五倍子紛(ふしこ)からなっています。鉄奨水(かねみず)は酢酸に鉄を溶かした茶褐色の溶液。五倍子紛(ふしこ)というのはうるし科のふしこと言う木をアブラムシが刺激して出来た樹液の固まりを蒸して粉にしたタンニンを多く含む粉。その2つを混ぜて非水溶性にしたもので、毎日もしくは数日に一度歯を染めたようです。

 

白い歯

 

お歯黒にしたら歯に悪くないのか?

こんな液を塗って歯に悪くないの?虫歯になりやすくならないの?と疑問に思われる方も多いかと思いますが、それとは逆に歯を被膜で覆うことで虫歯予防や、成分がエナメル質に浸透することにより浸食に強くなるという効果があったとされます。
鉄奨水(かねみず)の主成分である酢酸第一鉄、五倍子紛(ふしこ)の主成分のタンニン酸、これらがエナメル質に浸透して虫歯を予防していたと考えられています。

 

お歯黒文化はいつまであったのか?

明治3年(1870年)2月5日、政府から皇族・貴族に対してお歯黒禁止令が出され、それに伴い民間でも徐々に廃れていきました。明治末期に「インスタントお歯黒」という発明され、一時的に流行したようですが大正時代にはほぼ完全に消えたと言われています。
(2014.05.01)

 

 

<< 歯科関連ニュース一覧

【注意事項】

管理人が今まで気になった歯科関連の記事を参考に掲載しています。もし記事の著作権に関して問題があり、削除依頼等がありましたらコチラにご連絡下さい。尚、当サイトに掲載している情報で被害や損害があっても当サイトは一切の責任を負いかねます。